Yamagata, Japan

HOME / 十日町診療室 / 浜崎診療室


 home
 greeting
policy
history
logo
tokamachi
hamazaki
takagi's blog
facebook
 

 

高木歯科医院の歴史

■1945年〜
■1956年〜
■1980年〜
■1985年〜
■1990年〜
■2000年〜
■2006年〜


 

 

 

 

 

1956年、風間の村の人たちの好意で、仙山線ガードの手前に診療所兼自宅を新築することになった。

 

近くの山から切り下ろした材木を使って、村人総出で建築してくれた。村の人達と、耀三郎医師との深い関わりが窺える。地域を愛した歯科医師と、地域に愛された歯科医。

 

1957年。完成した新しい高木歯科医院。

 

1960年代の診療風景。

ガーガーうるさいベルトエンジンによる歯を削る治療は、まさに拷問であった時代。

これまでたった一人で診療してきたが、このころから歯科助手を伴って診療をおこなうようになってきた。

 

 

1970年ごろ。

待合室部分を増築し、たくさん来てくださる患者さんに対応。駐車場も確保した。

 

1970年代初期。歯科技工士や歯科助手を補充し、チーム医療の診療体制が整った。

 

 

受付も自分でやることも多かった初代院長。息子が歯科の大学に入って、気合十分の時期でもあります。

 

義歯づくりと魚釣りの「名人」歯科技工士の後藤重吉氏。院長と後藤さんの黄金のコンビで、高木歯科医院の「具合の良い入れ歯」は評判が広まった。

1970年代後半。歯科助手のほかに歯科衛生士もスタッフに加わった。また、新人歯科技工士の菅井正則氏が「名人」後藤さんに弟子入り。

 

 

冬の朝の雪かきは院長の日課だった。

 

back

next
 

高木歯科医院   十日町診療室 山形市十日町1-2-30-202 phone 023-625-5825      浜崎診療室: 山形市浜崎97-2 phone 023-627-6480